カズオブログ

ちょっと多趣味なサラリーマンが趣味の「旅行」「映画」「アニメ・漫画」「ゲーム」「便利グッズ」「生活の知恵」に関するお役立ち情報を語っていきます

【最短でガンダムを知る】初心者向けの絶対外せない3作品!

ガンダム3作品
みなさんこんにちは、カズオです。


突然ですが、アニメのガンダムはみなさん観たことありますか?


日本を代表する有名な作品ですが、ちゃんと観たことないって方は意外と多いのではないでしょうか。


特に私(30代)くらいから下の歳の方は生まれた時にはすでに最初のガンダムは放映していないので、触れる機会がなかったということもあるかと思います。


ガンダムって結構初心者の方って取っつきにくいですよね。


たくさん同じような名前の作品があって、正直何をどういう順番で見ていいかよくわからないし。。


今回はそんな方に、ガンダムシリーズで必要最低限観るべき作品を紹介していきます。


また、効率的な視聴方法も併せて紹介しますので、忙しくて時間がない!という方も参考にして下さい。

こんな疑問を解決します
  • ガンダムに興味あるけど、最低限何を観たらいいの?
  • 忙しくて時間がないけど、絶対外せないガンダム作品ってどれ?
  • 短時間でガンダムを簡単に網羅できる方法ある?

ガンダム作品について

ガンダム作品は、1979年のアニメ『機動戦士ガンダム』放映以降、今日までアニメ・映画・小説等のさまざまな媒体で作品が作られています。


また、ゲームや玩具にも多くの商品があり、その中でもガンダムのプラモデル『ガンプラ』は非常に有名だと思います。


アニメ自体は見たことないという方でも、『ガンダム』を知らない人はいないというくらい知名度が高く、何かで触れたことがある人が多いと思います。


始まりである『機動戦士ガンダム』は日本のロボットアニメの歴史を大きく変えた歴史的なアニメ作品といわれています。


それまで「子ども向け」とされてきたテレビアニメに大人の観賞にも耐えうる重厚なストーリーを持ち込んだ手法は、後の日本アニメに多大な影響を与えてきました。


そんなガンダムですが、観るうえで知っておくべきことがあります。


それはガンダムには『宇宙世紀』(英文表記:U.C.)と『宇宙世紀以外』の2つのシリーズに分けられるというものです。


1作目のガンダムと同じ舞台・世界観の作品を『宇宙世紀』シリーズと呼び、それ以外のシリーズは最初のガンダムとは全く関係がなく、オリジナルの世界が展開されています。

  • 『宇宙世紀』
    初代ガンダムと同じ世界を舞台として描いたシリーズであり、ガンダム本家本流の位置づけ。
  • 『宇宙世紀』以外
    初代ガンダムとは別の世界が舞台。作品ごとに設定が異なり、それぞれがオリジナルの作品。


つまり最短でガンダムを知るためには本流である宇宙世紀シリーズの作品を視聴する必要があります。


そこで宇宙世紀の作品を見てみましょう。

  • 機動戦士ガンダム(1979年)
  • 機動戦士ガンダム 劇場版(1981年)
  • 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編(1981年)
  • 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編(1982年)
  • 機動戦士Ζガンダム(1985年)
  • 機動戦士ガンダムΖΖ(1986年)
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988年)
  • 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(1989年)
  • 機動戦士ガンダムF91(1991年)
  • 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(1991年)
  • 機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光(1992年)
  • 機動戦士Vガンダム(1993年)
  • 機動戦士ガンダム 第08MS小隊(1996年)
  • 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート(1998年)
  • 機動戦士ガンダム 第08MS小隊特別編 ラスト・リゾート(1999年)
  • G-SAVIOUR(2000年)
  • 機動戦士ガンダム MS IGLOO 1年戦争秘録(2004年)
  • 機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079(2006年)
  • 機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線(2008年)
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-(2005年)
  • 機動戦士ΖガンダムII A New Translation -恋人たち-(2005年)
  • 機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-(2006年)
  • 機動戦士ガンダムUC(2010年)
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(2015年)
  • 機動戦士ガンダム NT(2018年)

宇宙世紀の作品はこれくらいあります。


さすがに全部観れないと思いますので、次項以降で絶対外せない作品を絞っていきたいと思います。


初心者が観るべきガンダム6作品

ここからは初心者がガンダムを知るうえで視聴すべき作品を紹介していきます。


まず、ガンダムを知ろうと思う場合、私としては下記の作品は押さえておくべきだと思っています。

  • 機動戦士ガンダム(アニメ全43話、映画全3作)
  • 機動戦士Ζガンダム(アニメ全50話、映画全3作)
  • 機動戦士ガンダムΖΖ(全47話)
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(映画)
  • 機動戦士ガンダムUC(OVA全7章、アニメ全22話)
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(OVA全6章、アニメ全13話)


これらはいわゆる宇宙世紀シリーズの中でもガンダムの本流と言われる作品です。


主人公こそそれぞれ異なりますが、初代ガンダムからストーリーや登場人物が密接に繋がっています。


機動戦士ガンダム



これは言わずと知れた初代ガンダム(所謂ファーストガンダム)で、ガンダムの歴史はここから始まりました。


アニメは全43話、映画は全3作となります。


主人公であるアムロ・レイがガンダムに乗り、仲間とともに宇宙・地球で戦闘を重ねながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会い、そして別れを通じて成長していく物語です。


ガンダムの魅力についてはまた別記事を書きたいと思います。


当然ではありますが、ガンダムの原点であるこの作品は絶対に外せない作品ですね。

機動戦士Ζガンダム



初代ガンダムの続編にあたる作品で、アニメは全50話、映画は全3作あります。


主人公はカミーユ・ビダンで、前作の主人公アムロも登場します。


さらには前作の宿敵・シャアも主人公側の仲間として登場します。
シャアのファンにはたまりませんね。


その他、前作の登場人物が多く登場します。


ちょっと全体的に暗い雰囲気の作品ですが、ストーリー的にもこの作品は非常に重要な役割を果たしているので、必ず観るべきだと思います。


映画だと3作(約5時間)で観終わるので効率的ですが、ストーリーがアニメ版から変更になっており、後のZZに繋がらない終わり方や名シーンであるシャアの演説などがカットされているため、時間があるならばZはアニメで視聴することをおすすめします。

機動戦士ガンダムΖΖ



機動戦士Ζガンダムの続編にあたる作品で、アニメ全47話あります。


主人公はジュドー・アーシタで、前作Zの登場人物も登場します。


ストーリーとしてはZガンダムの最終話直後から始まります。


Zとは対照的で明るい話が多く、楽しく視聴できる一方、終盤はガンダムらしく考えさせられる話になっています。


正直、他の作品に比べてこのZZは存在感が薄く、後のストーリーにも多少は繋がっているものの知らなくても何とかなります。


個人的にはガンダムを知る上で是非視聴してほしい作品ですが、時間がなければ一旦後回しでも大丈夫です。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア



初代ガンダムである『機動戦士ガンダム』から14年後を舞台に、一連のシリーズの主要人物であるアムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦いを描いている作品です。


ファンの中では伝説の作品となっています。


この作品でガンダムの本流の主人公であるアムロ、そしてもう一人の主人公とも言えるシャアのストーリーが完結しました。

多くは語りませんが、必ず観てほしい作品です。

機動戦士ガンダムUC



逆襲のシャアから3年後を描いた作品で、小説全10巻、OVA全7章、アニメ全22話あります。


主人公はバナージ・リンクスで、過去作の一部の登場人物が登場します。


これまで紹介したガンダムと直接絡むようなことはありませんが、非常に面白いストーリーで、映像も綺麗で音楽が抜群に良いので、OVA版、アニメ版で視聴することをおすすめします。


一旦逆襲のシャアでアムロとシャアの話が完結しているため、このUCは時間がなければ後回しでも問題ありません。


ただし、ここまでの視聴でアムロとシャアのファンになった方は観るべきだと思います。


直接登場はしませんが、ある意味で2人のストーリーの真の完結という見方ができる終わり方なので、観ないともったいないと思います。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN



シャア・アズナブルが“赤い彗星”として名を馳せるまでの半生をストーリーの軸としながら、地球連邦とジオン公国による「一年戦争」緒戦までを描いた作品で、OVAで全6章、アニメで全13話あります。


初代ガンダムのテレビアニメ版を原典として設定見直しや新規キャラクターの追加が行われています。


初代ガンダムの補完的な位置づけの作品なので、時間がない場合は後回しでも問題ありません。


ただ、シャアだけでなくザビ家の理解も深めることもできるので、シャアのファンはもちろん、それ以外の方も視聴することをおすすめします。



ここまで初心者が観るべき6作品を紹介してきましたが、これらの観る順番や、ここで紹介していないおすすめ作品も知りたいという場合は別記事で紹介していますので、そちらを参考にしてください。

あわせて読みたい

kazuoblog20.com

絶対外せないガンダム3作品

ここまではガンダムを知る上で観るべき作品を挙げてきました。


ただ、忙しくてこの数の作品を視聴するのは難しいという方もいらっしゃると思います。


そんな方のために、本当に最低限観るべき3作品に絞りたいと思います。

絶対外せない『初代ガンダム』『Z』『逆襲のシャア』

数あるガンダム作品の中で絶対に外せない作品は何か。
それは以下の3作品です。

  • 機動戦士ガンダム
  • 機動戦士Ζガンダム
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

これはガンダムの本流であるアムロとシャアのストーリーに絞った3作品です。


この3つを押さえておけば取り合えずはガンダムを知っている人になることができますので、まずはこの3作品を視聴することをおすすめします。


その後、時間ができたら『THE ORIGIN』『ZZ』『UC』の順に視聴するのが良いかと思います。

ガンダム3作品を観る順番

これは放映・公開順かつ時系列順となる以下の順番で視聴するのがおすすめです。

  1. 機動戦士ガンダム(アニメ全43話、映画全3作)
  2. 機動戦士Ζガンダム(アニメ全50話、映画全3作)
  3. 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(映画)

これら3作品のうち、『機動戦士ガンダム』と『機動戦士ガンダムZ』は映画・アニメ版が存在しています。


時間がない方はこれらを映画版で視聴することで、最短でストーリーを把握することができます。

\ガンダム観るならU-NEXT/

U-NEXT
公式サイト



ガンダム3作品を観るおすすめの方法

テレビ見る画像
ではガンダムを視聴するにはどの方法が良いのでしょうか?


レンタル?動画?


アニメで視聴する場合はもちろん、映画でもそれなりに視聴する数が多くなるので、レンタルよりも見放題のサービスを提供している動画配信サービスがおすすめです。


その中でも私はU-NEXTをおすすめします。


理由はガンダムを知るための必須の3作品に加え、観るべき6作品も見放題で視聴できるのがU-NEXTだからです。


U-NEXTはアニメの作品数が国内1位(2020年5月調査時点)のため、他のガンダム作品も豊富です。


私はすでに動画配信サービスを契約していたにも関わらず、ガンダム作品を観るために追加でU-NEXTと契約しました。


結果的にはコンテンツの充実度合いが他の動画配信サービスより優れていたので、ガンダム以外の作品も視聴するために継続して契約しています。


確かにガンダムに限ればバンダイ・チャンネルでも視聴はできますが、アニメ全体の豊富さ、アニメ以外のコンテンツの豊富さと実質料金の安さからU-NEXTはおすすめです。


初めての契約の場合は31日間の無料期間があるので、無料で視聴することが可能です。
(もちろん解約料もかかりません)


U-NEXTは公式サイトから5分程度の時間で簡単に登録して視聴ができるので、興味ある方は試してみましょう。

\31日間無料、解約料もなし/

U-NEXT
公式サイト


U-NEXTの詳しい情報については別記事で記載していますので、そちらを確認いただいても良いかもしれません。

あわせて読みたい

kazuoblog20.com



最も効率的にガンダムを知る方法まとめ

ここまで絶対外せないガンダム作品とその観る方法について紹介してきました。

もう一度振り返ってみましょう。

  • 最低限観るべきガンダム作品は『機動戦士ガンダム』『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の3作品
  • 時間がない場合はすべて映画作品で視聴すると効率的
  • 視聴するにはU-NEXTがおすすめ

  • いかがでしょうか。


    これまでガンダムに興味がありながらも、なかなか観るまでには至らなかった方のお役に少しでも立てれば幸いです。


    ここまで読んでいただいてありがとうございました。
    ではまた~

    \31日間無料、解約料もなし/

    U-NEXT
    公式サイト