MENU

【レビュー】館山・千里の風に泊まった感想|宿泊時の注意点も徹底解説!

当ページはアフィリエイト広告を利用しています
220822_abema_VAUNDY
千里の風の建物・食事・サービス

こんにちは、カズオです。

今回は千葉・館山にある『たてやま温泉 千里の風』(以下『千里の風』)に泊まった感想を紹介したいと思います。

実際に泊まって良かったと感じた点、イマイチだったと感じた点、そして宿泊時の注意点を紹介していきます。

現在、千葉・館山で宿を探している方、そして『千里の風』を検討している方は是非参考にしてください。

こんな疑問解決します
  • 『千里の風』ってどんなところ?
  • 『千里の風』に実際に泊まった感想を知りたい!
  • 『千里の風』に宿泊する際に注意することって何?
目次

『千里の風』ってどんな宿?

まずは『千里の風』がどういう宿なのか、その概要について解説をしていきます。

実際に泊まった感想を早く知りたい!という方は飛ばしてもらっても構いません。

『千里の風』の立地と周辺観光地

千里の風の建物・食事・サービス

『千里の風』は千葉県館山市にある、眺望温泉と新鮮な料理が楽しめる温泉宿です。

目の前には海が広がり、伊豆大島や富士山も眺めることができます。

近くの観光スポットは下記の通りです。

「アロハガーデンたてやま」…徒歩2分
「安房神社」…車で10分
「館山城(城山公園)」…車で18分
「沖ノ島」…車で25分

このように、館山の観光には便利な立地となっています。

個人的には車で25分で行ける「沖ノ島」という陸続きの無人島が良かったです。

千里の風の建物・食事・サービス

なお、具体的な場所は下記のマップの通りです。

『千里の風』へのアクセス

続いて、『千里の風』へのアクセスも確認していきましょう。

「電車」「車」「高速バス」それぞれのパターンを記載していますので、検討中の手段を確認してください。

電車でのアクセス(東京出発)

東京駅―(JR総武線快速)―君津駅―(JR内房線)―館山駅―(送迎バス)―千里の風(約3時間)

高速バスでのアクセス

・東京駅八重洲南口―(JRバス)―館山駅―(送迎バス)―千里の風(約2.5時間)

・千葉駅―(JRバス)―館山駅―(送迎バス)―千里の風(約2時間)

・横浜駅―羽田空港―館山駅―(送迎バス)―千里の風(約2.5時間)

\格安バスが見つかる!今すぐ空席確認・予約可!/

車でのアクセス

東京・横浜方面―(アクアラインor京葉道路)―木更南I.C―(富津館山道)―富浦I.C―(国道127号)―千里の風(約2時間)

東京・横浜方面から車では約2時間で行くことができます。

車か電車かはご自身の出発地から使いやすい方を選ぶと良いでしょう。

所要時間は様々な条件で変わりますので、あくまで参考ということでご認識ください。

『千里の風』の施設概要

次に、施設概要を確認していきましょう。

施設名たてやま温泉 千里の風
住所千葉県館山市藤原1495-1
チェックイン/アウト15:00 / 10:30
※宿泊プランで異なる
クレジットカードJCB/VISA/マスター/AMEX/ダイナース/セゾン
総部屋数40室
風呂露天風呂・貸切風呂・サウナあり
館内施設屋外プール・宴会場(有料)・カラオケ施設(有料)
駐車場有り(無料)
送迎有り
部屋設備全室冷暖房・テレビ・冷蔵庫(有料飲料あり)
アメニティ・
その他部屋設備
ハンドタオル・ボディソープ・ドライヤー・温水洗浄トイレ・歯ブラシ・歯磨き粉・羽毛布団・くし・ブラシ・バスタオル・浴衣・髭剃り・シャンプー・リンス・パジャマ・シャワーキャップ・綿棒
サービスラウンジドリンク(無料)・ラーメン(無料)・マッサージ(有料)・囲碁・乗馬(有料)・

いかがでしょうか。

設備やアメニティ、サービスが充実していますね。

特に、ラウンジのドリンクと夜のラーメンが無料で楽しめるのは最高です。

『千里の風』の雰囲気と感想

では、ここからは実際に『千里の風』に泊まった体験談を書いていきます。

ここでは宿の雰囲気が伝わるように、実際に宿泊した際に撮影した写真を使ってお伝えをしていきたいと思います。

入口・ロビーの雰囲気

まずはロビーの雰囲気です。

千里の風の建物・食事・サービス

ちょっとだけロッジのような雰囲気もあり、非日常感を味わえます。

千里の風の建物・食事・サービス

入口を入ると、オシャレなロビーになります。

ロビー中央に大きな階段があり、ここから2Fにあがることができます。

2Fは展望ラウンジと夜の無料ラーメンの受取り場所、そして私が宿泊した客室があるので、意外とこの階段を使う頻度が高く便利でした。

1Fラウンジの雰囲気

千里の風の建物・食事・サービス

ここではウェルカムドリンクとして、コーヒーをはじめとして様々なお茶やジュース、そしてビールをいただけます。

カズオ

いつも通り、真っ先にビールに飛びついちゃいました

ウェルカムドリンクでビールが飲めるとテンション上がりますよね。

千里の風の建物・食事・サービス
千里の風の建物・食事・サービス

ラウンジの中は落ち着いた雰囲気で、外にも寛げる椅子とテーブルがあります。

千里の風の建物・食事・サービス

また、お菓子も用意してあり、その心遣いが嬉しかったですね。

私はこの「ちいさなドーナツ」が好きすぎて、何個か食べちゃいました笑

千里の風の建物・食事・サービス

子供のためのスペースもあり、塗り絵やちょっとした工作ができるようになっており、子供も楽しめるようになっていました。

カズオ

これは子供連れには助かりましたね

なお、このラウンジの飲み物はもちろん飲み放題となっており、宿泊者全員が利用できます。

2Fラウンジの雰囲気

2Fにもラウンジがあります。

ここにドリンクはなく、ゆっくり過ごすためのスペースとなっています。(コーヒーマシンは置いてあったので、時間帯によっては使えるのかも…?)

千里の風の建物・食事・サービス

2Fなので、先ほどの1Fのラウンジよりも景色が良いです。

千里の風の建物・食事・サービス

テラス席もあり、海風にあたりながらゆっくりとした時の流れを感じることができます。

ここからは、伊豆大島や富士山を眺めることもできます。

部屋の雰囲気

次に部屋の雰囲気をお伝えしていきます。

千里の風の建物・食事・サービス

ちょっと写真が暗くなってしまいましたが、十分な広さのお部屋でした。

千里の風の建物・食事・サービス

部屋からの景色は素晴らしく、海が一望できます。

千里の風の建物・食事・サービス

水回りは、少し年季を感じますね。

とはいえ、清潔感はありました。

千里の風の建物・食事・サービス

ちなみに部屋の雰囲気ではありませんが、浴衣のサイズとデザインはかなり豊富に用意されており、自由に部屋に持ち帰ることができます。

大浴場・露天風呂の雰囲気

次に、大浴場と露天風呂の雰囲気をお伝えします。

お風呂なので公式サイトからお借りした画像となりますが、ご了承ください。

千里の風の建物・食事・サービス
出典:千里の風公式ホームページ

内湯はかなり広く、景色も抜群でした。

露天風呂と同じような景色が内湯で楽しめるのは、極寒の冬とかは嬉しいですね。

カズオ

まあ、どんなに寒くても結局露天風呂には入りますが笑

千里の風の建物・食事・サービス
出典:千里の風公式ホームページ

こちらは露天風呂の画像ですが、夕暮れ時はとても優雅で幻想的な景色を楽しむことができます。

波の音が聞こえるほどの近さではありませんが、遠目に見える水平線、風にのってくる潮の香りがたまりませんね。

天気がよければお風呂からも富士山や伊豆大島が見える可能性があります。

総じて、お風呂は素晴らしいなと感じました。

食事の雰囲気

続いて、食事の雰囲気をお伝えしたいと思います。

夕食はビュッフェ形式でしたが、この宿はただのビュッフェではありません。

「メイン料理」+「タッチパネルによるオーダービュッフェ」+「通常のビュッフェ」というあまり他にはタイプです。

さらに、アルコール類も飲み放題ということで、かなりこのビュッフェは充実しています・

カズオ

私がこの宿を選んだのも、食事内容が気に入ったからでした

千里の風の建物・食事・サービス

まずは先付けが提供されます。

結構おいしくて、これだけでビール何杯でもいけます笑

千里の風の建物・食事・サービス

次に、お刺身の舟盛りがきました。

かなりのボリュームで、もうビュッフェだということを忘れてしまいます笑

また、あるサプライズもあり、心が温まりました。

嬉しかったので、これから宿泊される方の楽しみを損なわないよう、ここでは詳しい内容は記載しないでおこうと思います。

でも舟盛りは楽しみにしていてください!

千里の風の建物・食事・サービス

さらに、噂のオーダービュッフェです。

牡蠣、サザエ、ホタテ、はまぐりの焼き物といった浜焼きと、お寿司をオーダーできます。

もう少し色々なものをオーダーできると思っていたので、想像よりは食べ物を取りに行く回数が増えてしまいました。

それでも、焼きたて、握りたてのものをテーブルまで運んできてもらえるのはとても助かりました。

千里の風の建物・食事・サービス
カズオ

焼き牡蠣がおいしくて、何度も追加で注文してしまいました

千里の風の建物・食事・サービス
千里の風の建物・食事・サービス

お寿司やカニも食べ放題ですので、寿司好き・カニ好きにはたまらないですね。

千里の風の建物・食事・サービス

そしてドリンクバーです。

基本的に食事プランについてきますので、ここにあるものは飲み放題です。

千里の風の建物・食事・サービス
千里の風の建物・食事・サービス

ビール、ウイスキー、焼酎、ワイン、日本酒等、たくさんのラインナップが揃っています。

カズオ

本当は色々試したかったのですが、結局ビールが好きすぎてほぼビールを飲んで終わりました笑

千里の風の建物・食事・サービス

また、食事をするときに非常に助かったのが、子供の遊び道具が用意されていたところです。

ビュッフェスタイルの場合、料理を取りに行くの時間がかかり、トータルの食事の時間が長くなりやすいです。

そのため、子供が飽きてしまって座ってられなくなり、落ち着いて食事ができないという展開はお子様がいる方ならば経験があるのではないでしょうか。

そんな時のために、子供の退屈な時間を潰すための絵本や玩具が用意されています。

これにより、うちの子供もいつもであれば食事の後半は退屈して椅子からおりたり、泣いたりしてしまうのですが、おもちゃがたくさんあるので最後の時間まで食事に付きあってくれました。

これは本当に助かったなーと思っています。

千里の風の建物・食事・サービス

ちなみに、朝食でもタッチパネルでのオーダービュッフェは健在です。

焼き魚とだし巻きたまごが注文できます。

千里の風の建物・食事・サービス
千里の風の建物・食事・サービス

朝から新鮮な魚も用意されており、海鮮丼をつくったりもできます。

非常に満足できる朝食でした。

千里の風の建物・食事・サービス
出典:千里の風公式ホームページ

写真を撮り忘れてしまったのでホームページの画像をお借りしますが、夜食として無料のラーメンが提供されます。

正確な時間は忘れてしまいましたが、夜の21時〜22時くらいが提供時間として設定され、その時間の間に受け取りに行きます。

カズオ

醤油ベースの優しくも深みのある味で、この時間の体に染み渡りました

このように夕食と朝食、そして夜食もおいしく、さらに食事中の子供への気遣いも感じられ、心から食事を楽しむことができました。

『千里の風』の良かったところ

ここからは、『千里の風』で一晩を過ごしてみて、個人的に良かったと感じたところを紹介します。

実際に宿泊した上での感想となりますので、これから宿泊される方はぜひ参考にしてください。

部屋からの景色が綺麗

千里の風の建物・食事・サービス

まず印象に残っていることは、部屋からの景色です。

広大な海と空、富士山、伊豆大島、とても優雅で壮大な景色を堪能することができます。

特に、晴れた朝は本当に気持ちが高ぶるような景色を体感できます。

大浴場・露天風呂の景色が素晴らしい

千里の風の建物・食事・サービス
出典:千里の風公式ホームページ

この宿は、客室、大浴場、露天風呂、ラウンジ、すべてが海に面するようにつくられています。

ですので、常に素敵な景色を楽しむことができます。

そんな中でも、大浴場と露天風呂で温泉に浸かりながらの景色は別格です。

露天風呂はもちろん、大きな開放的な窓の大浴場からも雄大な景色を眺めることができます。

ぜひ宿泊された際には体験してみてください。

食事の満足度が高い

千里の風の建物・食事・サービス

食事はビュッフェ全体のクオリティが高く、オーダービュッフェがあることも素晴らしかったです。

特に最初に提供される舟盛りはすごいボリュームなので、思いっきり新鮮な魚を堪能しましょう。

さらに、アルコールも含めたドリンクバーもありますので、様々なお酒と料理とのマリアージュを楽しめます。

カズオ

ビールばかり飲んでいた私が言うなという感じではありますが笑

夜食のラーメンもあるので、滞在中が食事を是非楽しんでください。

スタッフがフレンドリー

千里の風の建物・食事・サービス

私が一晩通して感じたことは、スタッフの皆さんがフレンドリーだということです。

もちろん馴れ馴れしいということではなく、本当に気遣っていただいていると感じました。

フロントの方はもちろん、食事会場の配膳の方、廊下ですれ違う清掃スタッフの方、ラウンジでドリンクを補充していた方、出会うスタッフの方の皆さんが子供に声をかけてくれて、とても嬉しく感じました。

本当に気持ちがよかったです。

子供連れでもストレスが少ない

千里の風の建物・食事・サービス

この宿は、小さな子供を安心して連れて行くことができます。

前述した通り、対応も素晴らしいのですが、食事会場での絵本や玩具の貸し出し、ラウンジの塗り絵や子供が食べられるお菓子が用意してあったりと、随所に工夫が感じられました。

普段、子供と旅行すると色々とバタバタしてストレスが溜まったりしますが、『千里の風』ではゆっくり過ごすことができました。

『千里の風』のイマイチだったところ(注意点)

ではここからは、『千里の風』のイマイチだと感じたところを紹介していきます。

と言いながら、正直イマイチだと感じたところはそれほどありませんでした。

とはいえ、今後宿泊される方への注意点ということも兼ねて気になったところを挙げていきたいと思います。

虫が多い場所にもかかわらず、虫対策が不十分

気にしない人は問題ないと思いますが、率直に虫が多い場所にこの宿はあります。

季節にもよると思いますが、私が宿泊した9月は少なくとも虫が多いと感じました。

カズオ

私のように虫が苦手な方は注意が必要です

夜は窓の外に結構な数の虫が張り付いていますが、近くで凝視しなければ問題ないと思います。

しかし、問題はなんらかの理由で部屋の中に侵入した場合です。

私も窓は一度も開けませんでしたが、小さい虫の侵入(もしくはもともといたか)がありました。

虫が多い場所の宿では各部屋に殺虫スプレーが備え付けられていたりしますが、部屋に殺虫スプレーはありません。

そして、フロントで借りた殺虫スプレーも残り僅か(そのスプレーしかない)ということで、十分な虫対策をしているようには感じませんでした。

部屋に「虫が多い場所なのでカーテンから光が漏れないように」という注意書きが書いてあり、虫が多いという認識は宿側にもあると思うので、部屋に常備といかなくても貸出用として十分な量を揃えておく等の対策はあった方がよいと感じました。

ということで、宿泊者側の注意点としては下記の通りです。

  • 窓は開けないこと
  • 夜はカーテンをしっかり閉めること
  • 虫が苦手な人は殺虫スプレーを早めにフロントで借りておくこと

リニューアルされている部分以外は古さを感じる

『千里の風』は何度かリニューアルが繰り返されていますが、やはり古さは否めません。

フロントやラウンジ、食事会場等はとても綺麗ですが、廊下や部屋の中など、年季を感じる箇所はいくつもありました。

とはいえ、清掃もされており、それほど不快さは感じませんでしたので、気になる人は気になるかなという程度です。

ただ、ホームページや旅行サイトの写真はかなり綺麗に見えるので、宿全体がピカピカという勘違いはしないようにしておきましょう。

『千里の風』に宿泊した感想まとめ

ここまで『千里の風』について、実際に泊まって感じたことを書いてきました。

最後に、私が感じて良かったところ、イマイチだったところを振り返ってみましょう。

良かったところイマイチだったところ
部屋からの景色が綺麗
大浴場・露天風呂の景色が素晴らしい
食事の満足度が高い
スタッフがフレンドリー
子供連れでもストレスが少ない
虫が多い場所にもかかわらず、虫対策が不十分
リニューアルされている部分以外は古さを感じる

いかがでしたでしょうか。

イマイチと感じた点も多少はありましたが、基本的には大満足です。

この記事を読んで『千里の風』に興味を持った方は、是非一度宿泊してみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた~

この記事をシェアする!
目次