カズオブログ

ちょっと多趣味なサラリーマンが趣味の「旅行」「映画」「アニメ・漫画」「ゲーム」「便利グッズ」「生活の知恵」に関するお役立ち情報を語っていきます

【決定版】ガンダムを観る順番|初心者におすすめの作品と視聴順

ガンダムの画像
出典:公式ガンダム情報ポータルサイト
こんにちは、カズオです。


みなさんはガンダムを観たことありますか?


ガンダムはその知名度の高さの割に、意外と観たことないという方も多いのではないでしょうか。


実は私もゲームや玩具等でガンダムは子供の頃から知っていたのですが、アニメをきちんと観たのは大人になってからでした。
(Gガンダムだけは子供の時に観てましたが、あれは別物ですよね。面白いですけど笑)


正直、シリーズが多くて何から観ていいかわからず、結局観ないというのが続いていました。


このように、何から観ていいかわからないと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。


今回はそんな方に、ガンダムを観るならどの順番が良いかを解説していきます。

こんな疑問を解決します
  • ガンダムに興味あるけど何から観れば良いの?
  • たくさんシリーズがあるけど、何を観れば良いの?
  • 全くの初心者だけど、どういう順番で観れば良いの?


ガンダム作品の概要

まずはガンダムをよく知らないという方のために、ガンダム作品とは何かについて確認していきましょう。

ガンダムシリーズとは

ガンダムシリーズとは1979年放映開始のアニメ『機動戦士ガンダム』から始まり、今日まで様々な媒体で展開されてきたコンテンツのことです。


『機動戦士ガンダム』のアニメは日本のロボットアニメの歴史を大きく変えた歴史的なアニメ作品であり、現在でも機動戦士ガンダムの続編やその内容を受け継ぐアニメや映画が出続け、さらにはプラモ等の玩具・漫画・小説・ゲームなどの商品も出続けています。


アニメ自体は見たことないという方でも、『ガンダム』を知らない人はいないというくらい知名度が高く、何かで触れたことがある人が多いと思います。


私は初めてガンダムに触れたのは子供の頃にガンダムのプラモデル『ガンプラ』でした。


『ガンプラ』は1980年に誕生した「1/144ガンダム」以来、プラモ界の革命児としてガンプラブームを引き起こし、40周年を迎えた2020年5月に累計出荷数7億個が販売され、今なお世界中で大人気のプラモデルとなっています。


私が子供の頃に最初に買ったのは『νガンダム』でした。
当時のものとは違いますが、こんな感じです。


かっこいいですよねー


ってちょっと脱線してしまいましたが、私の場合はガンプラ以外にもゲームや玩具でガンダムは身近な存在でした。


しかしながら、ガンダムのアニメを初めてちゃんと観たのは大人になってからです。


私のようにガンプラは持っている、ゲームでは知っている、けれどもガンダムのアニメは観たことない、という方がいらっしゃるかと思います。


そんな方に断言しますが、ガンダムは絶対に観るべきです。


それは少しでもガンダムを知っている、あるいは興味がある人にとって観た後で後悔するような作品ではないからです。


それまで「子ども向け」とされてきたテレビアニメに大人の観賞にも耐えうる重厚なストーリーを持ち込んだ手法は、後の日本アニメに多大な影響を与えてきました。


そんな歴史的な作品を観ない方が後悔すると思いませんか?

ガンダム作品一覧

まず、ガンダム作品を観るうえで知っておくべきことがあります。


それはガンダムには『宇宙世紀』(英文表記:U.C.)と『宇宙世紀以外』の2つのシリーズに分けられるというものです。


これは何かというと、最初の『機動戦士ガンダム』は宇宙世紀という紀年法を使用した時代を舞台にしていることから、1作目のガンダムと同じ舞台・世界観の作品を『宇宙世紀』シリーズと呼び、それ以外のシリーズは最初のガンダムとは全く関係がなく、オリジナルの世界が展開されています。


つまりこんな感じです。

  • 『宇宙世紀』
    初代ガンダムと同じ世界を舞台として描いたシリーズであり、ガンダム本家本流の位置づけ。
  • 『宇宙世紀』以外
    初代ガンダムとは別の世界が舞台。作品ごとに設定が異なり、それぞれがオリジナルの作品。


このようにガンダムと言えばまずは宇宙世紀シリーズを指し、それ以外はガンダムという名はついているものの本流であるガンダムとは無関係な別の作品だと考えることができます。


ただ、宇宙世紀以外でもガンダムの名にふさわしいストーリーの重厚さ、戦闘シーンの迫力等の魅力的な作品が多く、決して宇宙世紀以外は面白くないというわけではありません。


ではまず、主な宇宙世紀の作品を見てみましょう。

  • 機動戦士ガンダム(1979年)
  • 機動戦士ガンダム 劇場版(1981年)
  • 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編(1981年)
  • 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編(1982年)
  • 機動戦士Ζガンダム(1985年)
  • 機動戦士ガンダムΖΖ(1986年)
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988年)
  • 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(1989年)
  • 機動戦士ガンダムF91(1991年)
  • 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(1991年)
  • 機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光(1992年)
  • 機動戦士Vガンダム(1993年)
  • 機動戦士ガンダム 第08MS小隊(1996年)
  • 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート(1998年)
  • 機動戦士ガンダム 第08MS小隊特別編 ラスト・リゾート(1999年)
  • G-SAVIOUR(2000年)
  • 機動戦士ガンダム MS IGLOO 1年戦争秘録(2004年)
  • 機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079(2006年)
  • 機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線(2008年)
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-(2005年)
  • 機動戦士ΖガンダムII A New Translation -恋人たち-(2005年)
  • 機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-(2006年)
  • 機動戦士ガンダムUC(2010年)
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(2015年)
  • 機動戦士ガンダム NT(2018年)


次に、主な宇宙世紀以外の作品を見てみましょう。

  • 機動武闘伝Gガンダム(1994年)
  • 新機動戦記ガンダムW(1995年)
  • 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz(1995年)
  • 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別編(1998年)
  • 機動新世紀ガンダムX(1996年)
  • ∀ガンダム(1999年)
  • ∀ガンダム「地球光」(2002年)
  • ∀ガンダム「月光蝶」(2002年)
  • 機動戦士ガンダムSEED(2002年)
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY(2004年)
  • 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER(2006年)
  • 機動戦士ガンダム00(1stシーズン2007年、2ndシーズン2008年)
  • 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-(2010年)
  • リング・オブ・ガンダム(2009年)
  • 模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG(2010年)
  • 機動戦士ガンダムAGE(2011年)
  • ガンダムビルドファイターズ(2013年)
  • ガンダムビルドファイターズトライ(2014年)
  • ガンダム Gのレコンギスタ(2014年)
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第1期2015年、第2期2016年)
  • ガンダムビルドダイバーズ(2018年)


主な作品を挙げてきましたが、いかがですか?


すごい数ですよね(笑)


しかもこれ以外にも漫画、小説等の作品も数多くあるので、とんでもない数の作品が存在しています。


これは余程気合がある人以外は観る気をなくしますよね(笑)


次項では本当に最低限観るべき作品を紹介していきますので安心してください。


初心者が観るべきガンダム作品(ガンダムの本流を知りたい人向け)

もちろんすべてのガンダム作品を視聴することがベストですが、現実にはなかなかそんなことはできません。


ではガンダムを知るうえで視聴すべき作品はどれでしょうか?
ここではその作品を紹介していきます。


ここまでのお話でお分かりかと思いますが、ガンダムを知りたければまず観るべき作品は宇宙世紀の作品です。


ただ、宇宙世紀の作品の中にも本流の話と外伝的な話があります。


ガンダムを知ろうと思う場合、私としては下記の作品は押さえておくべきだと思います。

  • 機動戦士ガンダム(アニメ全43話、映画全3作)
  • 機動戦士Ζガンダム(アニメ全50話、映画全3作)
  • 機動戦士ガンダムΖΖ(全47話)
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(映画)
  • 機動戦士ガンダムUC(OVA全7章、アニメ全22話)
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(OVA全6章、アニメ全13話)


これらはいわゆるガンダムの本流と言われる作品です。

これらは主人公こそそれぞれ異なりますが、初代ガンダムからストーリー、登場人物が密接に繋がっています。

機動戦士ガンダム

これは言わずと知れた初代ガンダム(所謂ファーストガンダム)で、ガンダムの歴史はここから始まりました。


アニメは全43話、映画は全3作となります。


主人公はアムロ・レイで、おそらくこのアムロのことはアニメを観たことがなくても知っていると思います。


あの「殴ったね?親父にもぶたれたことないのに!」の彼です。


そのアムロがガンダムに乗り、仲間とともに宇宙・地球で戦闘を重ねながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会い、そして別れを通じて成長していく物語です。


この作品はガンダムの原点の作品となっています。

機動戦士Ζガンダム

初代ガンダムの続編にあたる作品で、アニメは全50話、映画は全3作あります。


主人公はカミーユ・ビダンで、前作の主人公アムロも登場します。


さらには前作の宿敵・シャアも主人公側の仲間として登場し、その他にも前作の登場人物が多く登場します。


本作品は全体的に暗く、シリアスな展開が続きますが、ストーリー的にもこの作品は非常に重要な役割を果たしています。


映画版は3作(約5時間)と効率的に視聴できますが、ストーリーの重要な部分がアニメ版から変更になっており、本来ZZに繋がるはずの終わり方の変更や名シーンであるシャアの演説のカットなどがされており、時間があるならばZはアニメで視聴することをおすすめします。

機動戦士ガンダムΖΖ

機動戦士Ζガンダムの続編にあたる作品で、アニメ全47話あります。


主人公はジュドー・アーシタで、前作Zの登場人物も登場します。


個人的にはジュドーはアムロ、カミーユと比べて一番まともですね(笑)


アムロとカミーユは徐々に成長していきますが、それまではその子供っぽさにイラっとするようなシーンも正直ありますが、ジュドーにはそういったところはあまりないので、その辺も安心して観れます。


ストーリーとしてはZガンダムの最終話直後から始まり、Zとは対照的で明るい話が多く、楽しく視聴できます。
しかしながら終盤はガンダムらしく、考えさせられる話になっています。


後のストーリーにも多少は繋がっていますが、正直知らなくても何とかなります。


ただ、ゲームとかでも登場するキャラが多いので、観ておいた方がいいのは間違いないです。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

初代ガンダムである『機動戦士ガンダム』から14年後を舞台に、一連のシリーズの主要人物であるアムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦いを描いている作品です。


ガンダムといえばアムロとシャアの二人が最も有名な登場人物ですが、ついにその二人の物語が完結します。


これは本流のガンダムが完結することを意味しており、伝説的な作品としての位置づけとなっています。


ちょっと話が脱線しますが、近年のスーパーロボット大戦ではアムロ・シャアといえば初代のガンダムではなく、必ずこの『逆襲のシャア』をベースとしたストーリーや機体が登場します。


今後もそれは変わらないと思いますので、ゲームを楽しむ意味でも本作品は観ておくべきです。

機動戦士ガンダムUC

逆襲のシャアから3年後を描いた作品で、小説全10巻、OVA全7章、アニメ全22話あります。


主人公はバナージ・リンクスで、過去作の一部の登場人物が登場します。


これまでのガンダムとは直接絡むことはありませんが、非常に面白いストーリーで、映像も綺麗で音楽が抜群に良いので、OVA版、アニメ版で視聴することをおすすめします。


この作品では宇宙世紀の秘密が明かされることになる壮大なストーリーとなっています。


また、直接と登場はしませんが、これまでのガンダム作品の視聴でアムロとシャアのファンになった方は観るべきだと思います。


それはある意味で2人のストーリーの真の完結という見方ができる終わり方なので、観ないともったいないと思います。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

シャア・アズナブルが“赤い彗星”として名を馳せるまでの半生を軸として、地球連邦とジオン公国による「一年戦争」緒戦までの物語を描いた作品で、OVAで全6章、アニメで全13話あります。


初代ガンダムのテレビアニメ版を原典として設定調整や新規キャラクターの追加、既存キャラクターの設定見直しが行われています。


初代ガンダムの補完的な位置づけとなっており、シャアやザビ家の理解も深めることができます。


シャアのファンは絶対に視聴するべきだと思います。

ガンダムの雰囲気だけを手軽に知りたい人におすすめの作品

ここまではガンダムの本家本流の宇宙世紀の中で、絶対に観るべき作品を紹介してきました。


とはいえ古い作品も多く、視聴するのに抵抗があるという方もいるかと思います。


そんな方に、ガンダムの本流とか本家とか関係なく、ガンダムがどんな雰囲気のアニメなのかがわかるおすすめの作品を紹介していきたいと思います。


私が初心者の方におすすめしたい作品は以下の3つです。

  • 機動戦士ガンダムSEED
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
  • 機動戦士ガンダム00(1stシーズン、2ndシーズン、劇場版)

3つ紹介していますが、『機動戦士ガンダムSEED』の続編が『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』にあたりますので、実質は2つの作品ということになります。

機動戦士ガンダムSEED

2002年10月5日から2003年9月27日にかけて放送された全50話のアニメ。


新しい世代に向けた、新たなスタンダードとなりうるガンダム」「21世紀のファーストガンダム」として制作され、とてもガンダムらしい王道のストーリーとなっています。


また、21世紀のファーストガンダムといわれるように、本家のファーストガンダムのような戦争を描いた重厚なテーマに加え、少しドロドロした恋愛や人間関係も描かれ、より進化したストーリーと言えます。


そういった意味で初心者にも非常にとっつきやすく、ガンダムらしさを感じられる作品となっています。


あらすじは下記を参考にして下さい。

核兵器を使った世界大戦が終結し、宇宙時代の幕開けとなったコズミック・イラ(C.E.)。
科学が飛躍的に発達する一方で、遺伝子操作が施された人類「コーディネイター」と、遺伝子操作を受けていない人類「ナチュラル」との対立が激化。
コーディネイターはコロニー群「プラント」を、ナチュラルは地球を拠点とし、両者間の緊張状態が続いていた。
C.E.70、プラントへの核攻撃「血のバレンタイン」事件を機に、プラントの軍事組織ザフトと地球連合軍は本格的な戦争に突入する。
戦線が膠着する中、中立国であるオーブ連合首長国の資源衛星・ヘリオポリスをザフトが急襲し、工業カレッジに通う学生キラ・ヤマトは戦闘に巻き込まれてしまう。
避難しようとする彼の目に飛び込んだのは、地球軍が開発したMS(モビルスーツ)と、ザフトの戦闘服に身を包んだ幼馴染、アスラン・ザラの姿であった。
アスランとの再会に動揺するキラ。
だが、キラは仲間を助けるため、コーディネイターでありながら連合製MS・ストライクガンダムに搭乗する――。

出典:公式ガンダム情報ポータルサイト


非常に面白いストーリーで、次の話が気になる作りになっており、観ていて飽きません。


唯一難点は、キャラの目の描き方がちょっと違和感あることですね。
まあそのうち慣れますが(笑)


また、「21世紀のファーストガンダム」だけあり、初代ガンダムのオマージュシーンが結構あります。


そのため、ガンダム初心者はもちろん、宇宙世紀のガンダムを観てきた方にもおすすめの作品です。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

2004年10月9日から2005年10月1日まで全50話が放送された『機動戦士ガンダムSEED』の続編として製作されたアニメです。


こちらはガンダムSEEDを面白いと思ったら観るべきだと思います。


ただ、主人公やメインの登場人物がしばらく交代するので、続き物ではありますが別の作品として観た方がやきもきしないで良いと思います。


正直、個人的にはSEEDの方がストーリーの完成度が高いと感じるので、期待し過ぎずに視聴してください。


本作品は好き嫌いが分かれやすい物語となっており、一部にアンチが生まれた作品となっています。


SEEDはその完成度の高さからファンを多く生みましたが、その続編としての本作への期待が高すぎたことが原因かもしれません。


とはいえ、面白いのは間違いないので、是非視聴しましょう!


ストーリーやあらすじについてはSEEDのネタバレになるので、ここでは割愛させていただきます。

機動戦士ガンダム00

1stシーズン2007年10月6日~2008年3月29日(全25話)、2ndシーズン2008年10月5日~2009年3月29日(全25話)に放送されたアニメです。
完結編として劇場版も公開されています。(2010年公開)


この作品の最大の特徴は舞台が西暦であるということです。


つまり、今我々が暮らしている時代の先にある物語ということです。


これにより他のガンダム作品よりも身近でリアルに感じることができます。


そのため、初心者の方でも前提を理解しやすく、一つのSF作品として視聴することができるため、おすすめの作品です。


あらすじは下記の通りです。

西暦2307年。化石燃料は枯渇したが、人類はそれに代わる新たなエネルギーを手に入れていた。
3本の巨大な軌道エレベーターと、それに伴う大規模な太陽光発電システム。
しかし、このシステムの恩恵を得られるのは、一部の大国とその同盟国だけだった。
3つの軌道エレベーターを所有する3つの超大国群。
アメリカ合衆国を中心とした『ユニオン』。中国、ロシア、インドを中心とした『人類革新連盟』。ヨーロッパを中心とした『AEU』。
各超大国群は己の威信と繁栄のため、大いなるゼロサム・ゲームを続ける。
そう、24世紀になっても、人類は未だ一つになりきれずにいたのだ……。
そんな終わりのない戦いの世界で、「武力による戦争の根絶」を掲げる私設武装組織が現れる。
モビルスーツ「ガンダム」を所有する彼らの名は、ソレスタルビーイング。 ガンダムによる全戦争行為への武力介入がはじまる。

出典:機動戦士ガンダム00公式サイト

本作品ではガンダムという存在自体が物語のキーとなっており、主人公やその仲間たちとともに謎の存在として登場します。


これが西暦という設定も相まって、リアルでかなりワクワクできる謎解き要素になっています。


また、戦闘シーンの迫力もあり、ドキドキできる作品です。


ガンダムには人類がどう変わっていくかというテーマがありますが、本作品はそれをわかりやすく伝えてくれる作品となっており、観ていて心に響くストーリーと描き方になっています。


難点としては登場人物と組織が多く、この人はどこの組織の人だっけ?という感じになりがちです。


まあわからなくてもストーリーの理解にそれほど影響はないので気にせず観て下さい。


2ndシーズンと劇場版のあらすじについてはネタバレになるので今回は割愛させていただきますが、本作品は劇場版まで観て初めてすべてのストーリーが完結になりますので、観始めたら劇場版まで観ましょう。


ガンダムシリーズとしては珍しい展開になるので、それも楽しみにしていてください。

\31日間無料・ガンダム作品豊富/

U-NEXT
公式サイト



ガンダムを観る順番とおすすめの視聴方法

ではここからはガンダムのおすすめ視聴順とおすすめの視聴方法を紹介していきたいと思います。


ガンダムを観る順番

基本的には、これまで紹介した「観るべき作品」を放映・公開順に観ていくことをおすすめします。


まとめると以下のようになります。

  1. 機動戦士ガンダム(アニメ全43話、映画全3作)
  2. 機動戦士Ζガンダム(アニメ全50話、映画全3作)
  3. 機動戦士ガンダムΖΖ(全47話)
  4. 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(映画)
  5. 機動戦士ガンダムUC(OVA全7章、アニメ全22話)
  6. 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(OVA全6章、アニメ全13話)

最後のTHE ORIGINは時系列では1作目の機動戦士ガンダムより前になりますので、好きなタイミングで観て大丈夫です。


ただ、逆襲のシャアよりは後に観ることをおすすめします。

\31日間無料・ガンダム作品豊富/

U-NEXT
公式サイト


忙しくて全部観る時間がない!
もっと効率的にガンダムを知りたい!


もしかしたらそんな方もいらっしゃるかもしれません。


その場合は最短でガンダムを知ることができる視聴方法を別記事で紹介しているので、そちらを参考にしてください。

あわせて読みたい

kazuoblog20.com

また、どうしてもガンダムは古すぎてすぐに観る気にならない・・・という方は前項で紹介した下記の2作をまず観てみるというのもありだと思います。

  • 機動戦士ガンダムSEED
  • 機動戦士ガンダム00


これらはそれぞれ異なる設定で、ストーリー上は全く関係のないものなので、どちらを観ても大丈夫です。


絵の好みとか、あらすじを読んでなんとなく観たいと思う方を視聴すればよいかなと思います。


もしその後、ガンダムって面白いなと感じたら本流である作品を視聴するという順番でも全く問題ないと私は思います。


ちなみに、少し脱線してしまいますが、ガンダムに興味のある方は『スーパーロボット大戦』をプレイされた経験のある方も多いかと思います。


その最近の作品で、PS4&Nintendo Switchで発売中のソフト「V」「X」「T」の三作品のうち、「ガンダムUC」「ガンダムSEED」「ガンダムSEED DESTINY」「ガンダム00」が登場するのは「V」だけなので、これらの作品が気に入った方は『スーパーロボット大戦V』をプレイするようにしましょう。


もちろん、「逆種のシャア」や「Z」や「ZZ」も登場しており、ガンダム系がこれだけ揃うのは近年では「V」だけなので、貴重です。


主題歌や挿入歌が収録されているプレミアムアニメソング&サウンドエディションは通常版よりも圧倒的に熱くなれるので、断然このバージョンをおすすめします。





おすすめの視聴方法

テレビ見る画像
では視聴するにはどの方法が良いのでしょうか?


ガンダムは多くの数の作品を視聴することになりますので、レンタルよりも見放題サービスを提供している動画配信サービスがおすすめです。


その中でも私はU-NEXTをおすすめします。


理由は一般的な動画配信サービスの中でガンダム作品を最も多く視聴できるためです。


U-NEXTはアニメの作品数が国内1位(2020年5月調査時点)のため、ガンダム作品のラインナップが豊富です。


大手動画配信サービスでは『機動戦士ガンダムΖΖ』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』あたりを見放題で視聴できるサービスは少なく、U- NEXTとバンダイチャンネルくらいだと思います。


ガンダムに限ればバンダイ・チャンネルでも視聴はできますが、他ジャンルのアニメやアニメ以外のコンテンツの豊富さと実質料金の安さからU-NEXTはおすすめです。


初めての契約の場合は31日間の無料期間があるので、無料で視聴することが可能です。
(もちろん解約料もかかりません)


U-NEXTは公式サイトから5分程度の時間で簡単に登録して視聴ができるので、興味ある方は試してみましょう。

\31日間無料、解約料なし/

U-NEXT
公式サイト


U-NEXTの詳しい情報については別記事で記載していますので、そちらを確認いただいた上で検討ください。

あわせて読みたい

kazuoblog20.com


初心者におすすめのガンダム作品と観る順番まとめ

いかがでしたでしょうか。


ここまで初心者におすすめのガンダム作品と観る順番を紹介してきました。


最後にもう一度振り返ってみましょう。

おすすめ作品と観る順番

【1】機動戦士ガンダム
【2】機動戦士Ζガンダム
【3】機動戦士ガンダムΖΖ
【4】機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
【5】機動戦士ガンダムUC
【6】機動戦士ガンダム THE ORIGIN
【いつでもOK】機動戦士ガンダムSEED
【いつでもOK】機動戦士ガンダム00


もちろんこの順番で観るのが一番楽しめておすすめですが、ガンダム作品はどれも面白くてそれぞれ魅力があるので、あまり縛られずに気になった順番に観れば良いと思います。


何から観れば良いか悩んでいる方にとって、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


ここまで読んでいただいてありがとうございました。


ではまた~

\31日間無料、解約料なし/

U-NEXT
公式サイト


kazuoblog20.com