カズオブログ

ちょっと多趣味なサラリーマンが趣味の「旅行」「映画」「アニメ・漫画」「ゲーム」「便利グッズ」「生活の知恵」に関するお役立ち情報を語っていきます

ピクニックのおすすめアイテム12選|もっと楽しくなる持ち物・グッズ紹介

ピクニック画像
こんにちは、カズオです。


みなさんはピクニックをしますか?


私は週末になると定期的にピクニックをしています。


旅行に行くほど時間はない、キャンプをするほどの準備もない。


そんな時、ピクニックは気軽にアウトドア気分を味わえ、年間を通して楽しむことができるので、個人的にはおすすめです。


今回はそんなピクニック時に持っていくと便利なグッズを紹介していきます。

こんな疑問解決します
  • ピクニックでの食事がもっとおいしくなるようなグッズはある?
  • ピクニックがもっと楽しくなるアイテムって何かある?
  • ピクニックがより快適になる持ち物は何?

ピクニックがおすすめの理由

ピクニック画像
私は週末や休日の過ごし方の1つとして、ピクニックをおすすめします。
理由はいくつかあります。

  1. 気軽に自然や季節を感じることができる
  2. 対策すれば年間通して楽しめる
  3. 運動不足・ストレスを解消できる
  4. 日帰り・近場でも楽しめる
  5. お金があまりかからない
  6. 小さい子供連れでも楽しめる
  7. ペット連れでも楽しめる
  8. 屋外なので感染リスクを下げながら楽しめる


このようなメリットがあると感じています。


お金をそれほどかけることなく、時間がない時でも気軽にアウトドア気分を味わうことができるのがピクニックです。


また、小さい子供やペットと一緒に楽しむことができます。


具体的なメリットやおすすめの楽しみ方については、また別記事で書いていきたいと思いますので、今回はここまでにしておきます。

ピクニックがもっと楽しくなる持ち物12選

ではここからはピクニックに持っていくとより楽しめる便利なグッズを紹介していきます。

  1. レジャーシート
  2. 折りたたみテーブル
  3. テント
  4. アウトドアチェア
  5. マット
  6. スープジャー
  7. ランチジャー
  8. 保温・保冷バック(折り畳みタイプ)
  9. ピクニックバスケット
  10. ブランケット
  11. ワゴン
  12. スピーカー


レジャーシート

やはり何と言ってもレジャーシートは必須ですよね。


ほとんどの方はすでにお持ちだと思いますが、もしこれから新しいものを購入することを検討している場合は、折りたたみやすくて厚手のものがおすすめです。


レジャーシートは収納する時に苦労することが多いので、折りたたみやすいものだと楽です。


また、薄手のものは場所によってはお尻が痛くなる可能性があるので、厚手のものの方が体に優しいです。


ここでご紹介する「OutPort」ピクニックマットは、よくあるビニールのレジャーシートやプリントデザインの物とは一味違い、アクリルの大きな特徴であるふんわりと柔らかく温かな肌触りを感じることができます。


これにより、固い地面の上でもお尻が痛くなりにくく、地面が冷たい場合でも冷えにくいため、体への負担が少ないです。


個人的におすすめのレジャーシートです。


折りたたみテーブル

ピクニックには食事がつきものなので、テーブルはあった方がより楽しめます。


レジャーシートの上に食べ物を直接並べるというのもありですが、テーブルがあると飲み物が倒れてこぼれたり、食べ物をこぼしたりする可能性が低くなるので便利です。


私はテーブルを使い始めたらとても快適だったので、常にテーブルを用意するようにしています。


ただ、キャンプとかで使用するような本格的なテーブルは必要ないと思いますので、軽くて折りたためるローテーブルがあれば十分だと思います。


今回ご紹介する折りたたみテーブルは、軽くて持ち運びがしやすく、ドリンクホルダーも付いていて非常に便利です。


価格も1,000円代と非常にコスパに優れています。



テント

キャンプだけではなく、ピクニックでもテントがあるとより楽しむことができます。


なんだかんだ自分のテリトリーができるのっていいですよね。


夏は強い日差しをカットでき、冬は冷たい風から守ってくれます。


ピクニックなので大掛かりなテントではなく、組み立て不要なテントがおすすめです。


今回ご紹介するテントも組み立て不要なポップアップテントで、バッグから取り出すとパッと自動で出来上がる仕組みになっています。


ピクニックでゆっくり過ごしたいという場合はテントはおすすめです。



アウトドアチェア

ここまでそろえると椅子もほしいですよね。


私の場合、椅子では読書をしたり、コーヒーを飲んだりとゆっくり過ごすために使うので、座り心地の良さを重視しています。


次に運びやすさも重要で、椅子だけを持っていくわけではないので軽くて簡単に折りたためるものが良いと考えています。


今回ご紹介する「Viaggio+」のアウトドアチェアは、1㎏と軽量でコンパクトに折りたたむことができ、座り心地も抜群です。


BBQやキャンプでも使える、おすすめのアウトドアチェアになります。



マット

実は個人的に最も外せないのがマットです。


なぜマット?と思うかもしれません。


しかし自然に囲まれて柔らかいマットの上でごろごろするのは本当に至福の時です。


私がぐうたらなだけかもしれませんが(笑)


でも一度試してもらえばきっとその気持ちよさをわかっていただけると思います。


今回紹介するのは「Zenph」のエアーマットです。


まず、このマットには枕が付いているので、がっつり横になれます。


さらにエアーだけではなく、内蔵されている高反発スポンジにより快適な寝心地を体験することができます。


エアーは自動で吸い込むので、準備も簡単です。(枕の方は手動で空気を入れる必要あり)


ゆっくりと休日を過ごしたい場合は、ピクニックにマットも持参することをおすすめします。



スープジャー

次にご紹介するのはスープジャーです。


冬はもちろんですが、春でも秋でも暖かいスープが飲みたいですよね。


私はもっぱら味噌汁入れてます。
外で飲む味噌汁は絶品です(笑)


まあ味噌汁に限らず、食べ物と暖かいスープはほしいですよね。


そんな時にスープジャーは大活躍です。


スープジャーがあれば保温はもちろん、ガッツリと具を入れてもちゃんとカップやお椀に注ぐことができます


個人的には外せないグッズの一つです。



ランチジャー

暖かいスープだけでなく、ごはんも暖かい方が良い!という場合はこのランチジャーがおすすめです。


このランチジャーは「おかず」「ごはん」「スープ」をそれぞれ入れることができ、「ごはん」と「スープ」は保温されます。


つまり、外で暖かいごはんと味噌汁を飲むことができます!


すいません、また味噌汁の話にしてしまいました(笑)


いずれにしましても、肌寒い季節にはおすすめのグッズですね。


このランチジャーは普段の昼食用に使えますので、仕事場にお弁当を持って行っている方は日常でも使えて便利だと思います。



保温・保冷バック(折り畳みタイプ)

ここまでは保温の話をしてきましたが、保温だけじゃなく保冷もしたいですよね。


その場合、保温・保冷ができるバックがあると便利です。


よくあるクーラーバックはかさばるのが難点でしたが、今回ご紹介するのは折りたたむことができます。


それにより、使用しない時はコンパクトに収納しておくことができます。


これはピクニックだけでなく、旅行やお出かけにも使えるので一つは持っておくと良いと思います。



ピクニックバスケット

これはきちんとピクニックをしたい時におすすめです。


私はから揚げやおにぎりといった弁当になりがちなので、バスケットを使う頻度は高くないのですが、食器がしっかり収納されるため便利です。


また、今回ご紹介するバスケットには一通りの食器とミニクーラーバッグも付いているので、これ1つで食事関係はカバーすることができます。


バスケットは食事内容と好みにもよると思いますが、持っているとピクニックがより楽しくなることは間違いありません。



ブランケット

夏場は不要ですが、それ以外の季節では必要になるのがブランケットです。


日中は暑いなーと思っていても、気付いたら寒いということがピクニックではよく起きます。


そういった時に、ブランケットがあると安心です。


今回ご紹介するLilyanのブランケットは羽織ることができるため、寝転がっていても、座っていても、立っていても使用することができます。


気晴らしにピクニックに行って風邪をひいてしまっては本末転倒なので、少しでも寒くなる可能性がある季節であれば、ブランケットも持参するようにしましょう。



ワゴン

これまで様々な便利グッズを紹介してきましたが、色々と揃えていると運ぶのが大変になってきますよね。


まして家族や大人数でピクニックに行く場合は荷物が多くなりがちです。


そんな時、ワゴンがあるととても楽に荷物を運ぶことができます。


必ずしもなければいけないものではないですが、家族で行くことが多い、あるいはたくさんの荷物を持っていきたいという場合にはワゴンを用意すると良いと思います。



スピーカー

外に出たら音楽聴きたいですよね。


そんな時はポータブルスピーカーを持っていくのが良いです。


Bluetoothでスマホや音楽プレーヤーと接続することで音楽をどこでも流すことができます。


今回ご紹介する「SOUND GEAR」は完全防水かつ衝撃に強いので、どんなところでも使えます。


ピクニックはもちろん、キャンプや海でも安心して持っていくことができます。


ちなみに、水に浮く設計になっているので、プールやお風呂に浮かべて使用することもできます。


また、アタッチメントパーツが付属しているので、浴室の壁につけたり、自転車のハンドルに設置することもできます。


このスピーカーは1個あると便利なので、ピクニックで使用しない場合でも持っていて損はないと思います。


どこでも使用できますが、周囲の迷惑にならないようにご注意ください。


【番外】携帯用除菌グッズ

これは楽しくなるグッズではありませんが、ピクニックには必須だと思いますので紹介させていただきます。


食事をする場合は必ず持参しましょう。


ピクニック以外でも使用頻度は高いので、日ごろから用意しておくと良いと思います。




ここまでピクニックがもっと楽しくなるアイテムを紹介してきましたが、ご自身のピクニックスタイルに合わせて選んでいただければと思います。


そしてそのピクニックスタイルを模索していくのもピクニックの一つの楽しみだと思います。

ピクニックがもっと楽しくなる持ち物まとめ

いかがでしたでしょうか。


ここまでピクニックを楽しむためのグッズを紹介してきました。


最後にもう一度振り返ってみましょう。

  1. レジャーシート
  2. 折りたたみテーブル
  3. テント
  4. アウトドアチェア
  5. マット
  6. スープジャー
  7. ランチジャー
  8. 保温・保冷バック(折り畳みタイプ)
  9. ピクニックバスケット
  10. ブランケット
  11. ワゴン
  12. スピーカー

全て揃える必要はありませんが、これがあったら楽しくなりそうだなと思ったものは是非試してみてください。


この記事がみなさんの楽しいピクニックライフに少しでも貢献できれば幸いです。


ここまで読んでいただきありがとうございました。
ではまた~