カズオブログ

ちょっと多趣味なサラリーマンが趣味の「旅行」「映画」「アニメ・漫画」「ゲーム」「便利グッズ」「生活の知恵」に関するお役立ち情報を語っていきます

【短期完結アニメ】バディ・コンプレックスの感想と無料で視聴するおすすめの方法

バディコンプレックスのロゴ画像 こんにちは、カズオです。


みなさんはバディ・コンプレックスというアニメは知っていますか?


めっちゃファンだという方もいれば、聞いたことがないという方もいらっしゃると思います。


このバディ・コンプレックスという作品は2014年に放送されたロボットアニメで、全13話+完結編2話と少ない話数でありながら、今なおそのストーリーについて議論が交わされる隠れた名作となっています。


今回はそんなバディ・コンプレックスの感想と、無料で視聴する方法を紹介していきたいと思います。


極力ネタバレなしで解説しますので、これから視聴するという方でも安心して記事を読んで下さい。

こんな疑問を解決します
  • バディ・コンプレックスってどんなアニメ?
  • バディ・コンプレックスって面白いの?
  • 無料で視聴する方法はあるの?

バディ・コンプレックスとは

バディ・コンプレックスはロボットアニメファンの間では名作と評価が高いものの、一般的には知名度は低い作品です。


まずはそんなバディ・コンプレックスについて、どんな作品なのかを簡単に紹介していきたいと思います。

概要

バディ・コンプレックスは2014年1月5日から3月30日にかけて放送されたロボットアニメで、ロボットアニメの制作で有名なバンダイナムコグループのアニメ制作会社『株式会社サンライズ』の作品です。


全13話ですが、2014年9月には13話の続編にあたる『バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-』の前編と後編が放送され、実質は15話で完結ということになっています。

ストーリー

では次にストーリーを簡単に紹介していきます。

東京都内の高校生である渡瀬青葉は西暦2014年の夏休みが明けた始業式の日、突如高校を襲撃してきた正体不明の巨大ロボットに追跡される。

ロボットのパイロットは青葉に対して並ならぬ執着心を見せながら攻撃を仕掛けており、ひたすら逃げ続ける青葉の前には同級生である弓原雛がバイクに乗って現れ、彼をある場所へ誘導する。

そこでは雛も謎の巨大ロボットを起動させ、攻撃を仕掛けてくるロボットと交戦するが、やがて敵ロボットのパイロットは機体を自爆させる。

その光に巻き込まれた青葉は自分達が未来へ向かうことを悟った雛から、「ディオが待っている」と意味深な言葉を告げられ、気を失う。

青葉が気付くと雛の姿はなく、彼はヴァリアンサー「ルクシオン」に搭乗していた。

周囲はまさに激戦の最中であり、自由条約連合軍の最新鋭戦艦「シグナス」では、ルクシオンからナイスカップリングの反応を探知していた。

ルクシオンの同型機である「ブラディオン」のパイロットから通信を受けた青葉は、そのパイロットが雛の言っていた隼鷹・ディオ・ウェインバーグであることに驚愕する。

雛の言葉は事実となり、青葉は西暦2014年から74年後の未来、西暦2088年へと時空を飛び越えていたのだった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


このように、時代を超えたSF色の強いロボットアニメとなっています。


俗にいうタイムトラベル物ですね。
SF好きには最高の設定ですね。

バディ・コンプレックスの魅力

ではここからはバディコンプレックスの魅力について解説していきましょう。


たくさん魅力はありますが、私が特に強く感じた魅力を紹介していきます。

誰もが楽しめる王道の設定とストーリー構成

まず、本作はSFロボット作品の王道の設定とストーリー構成により、誰でも楽しめる作品となっています。


ストーリー紹介の時に触れた通り本作はタイムトラベル物ですが、現代から未来へのタイムスリップというタイムトラベル物ではわりとありがちな設定です。


そしてロボットによる戦争に巻き込まれ、主人公がそのパイロットになるという、これまたロボットアニメにはありがちな設定です。


そんなありがちで王道な設定が秀逸なストーリー構成によりうまく表現されており、SF好きやロボットアニメ好きではなくても楽しめるようになっています。


それはストーリーの冒頭に大きな謎や伏線をぶつけているにもかかわらず、しばらくはそこを深くは追求せず、主人公が未来の生活へ順応する様子や息の詰まるような相次ぐ戦闘など、目の前の展開につい集中してしまうようなストーリー構成や表現となっているためです。


気難しいバディや仲間たちとすれ違いながらも信頼関係を構築していく過程


主人公が戦力の中心となっていく努力の過程


元クラスメイトのヒロインとの敵としての再会および関係の構築


さわやかなで程よい恋愛シーン


激しく迫力のある戦闘や作戦の展開シーン等


次々と面白くて興奮するようなシーンが繰り返され、終盤近くまで謎解きをすっかり忘れて物語にのめり込むようなストーリーとなっています。


そしてその一方で、終盤にかけて伏線回収や謎解きが一気に行われていくので、退屈感は一切感じません。


そんな第1話から最終話まで一気に視聴してしまうような秀逸なストーリー構成がバディ・コンプレックスの魅力となっています。

考えさせられる深いストーリー

私はこれがバディ・コンプレックスの一番の魅力であると思っています。


確かに設定自体は王道ですが、しっかりと考えさせられる深いストーリー、そして感動できるストーリーとなっています。


序盤から中盤まではロボットアニメとして戦闘やヒューマンドラマに主軸が置かれた展開ですが、終盤一気にSF作品として色が濃くなります


そして、この結末がかなり議論と考察を呼びました。


詳しく話すとネタバレになってしまうので内容には触れませんが、考察サイトが多く存在し、議論が活発にされるような結末となっています。


それくらい面白い結末となっていますので、タイムトラベル物やSF作品に多少でも興味がある方は興奮できる結末だと思います。


また、少ない話数ではあるものの、序盤から中盤で「仲間との関係」や「ヒロインとの関係」を丁寧に描いたことで、終盤では登場人物に深く感情移入することができ、感動してしまいます。


そんな、議論をされ、感動を呼ぶような素晴らしいストーリーとなっています。

迫力のある戦闘描写と素晴らしい音楽

まず、本作は作画が素晴らしく、戦闘シーンも数多くあり、迫力のある描写がたくさん見れます。


非常に見ごたえのあるシーンが連続しますので、目が離せません。


そしてその映像にマッチする素晴らしい音楽が流れることで、言葉にできない感動が生まれます。


私の場合、戦闘の度に鳥肌が立ちました。


まや、主題歌や挿入歌も素晴らしく、耳から離れません。


音楽が素晴らしすぎて、本作が登場するスパロボXでは全部の曲が聴きたいので武器ごとのBGM設定めちゃめちゃ悩みました。


サウンドエディションをプレイしていたので、主題歌や挿入歌まで収録されており、本当に困りましたね(笑)


それくらいどの曲も素晴らしい出来であったと思います。


魅力的なキャラが多い

本作は、魅力的なキャラが多く登場します。


まず主人公の青葉ですが、明るく前向きな性格で、かといって押しつけがましいこともなく、嫌らしさがありません。


いきなり過去から未来へタイムトラベルしたことで無知ではあるものの、頭も良くて理解も早く、程よく勇気と根性を持ち合わせていて、見ていてストレスを感じることはありません。

また、バディで親友となるディオも気難しい性格ですが可愛げもあり、徐々に心を開いていく姿には思わず見ていて笑顔が出てしまいます。


そしてヒロインのヒナはとにかく可愛いです。

作画のレベルが高いことは前述している通りですが、このヒナもとても綺麗で可愛く描かれており、表情一つ一つが魅力的です。


他にも話し方がクセになる艦長の倉光、青葉に密かに思いを寄せる姿が可愛い奈須伍長など、登場人物こそ多くはありませんが、その中で魅力的なキャラクターが多くいます。

そんな魅力的なキャラの多さも、バディ・コンプレックスの魅力の一つでしょう。

話数が少なく短期間でも視聴できる

バディ・コンプレックスは全13話+完結編2話の15話なので、6時間強で全部視聴することができます。


本気出せば1日で見れちゃいますよね。


時間がない方でもきちんと最後まで見ることができるので、忙しい人におすすめの作品です。

バディ・コンプレックスの残念な点

素晴らしい作品ですが、惜しいと感じた点もやはりいくつかあります。


ここではそれについて触れていきます。

話数が少ない

これは魅力の裏返しになりますが、短い時間で一気に楽しむことができますが、その分すぐに楽しみが終わってしまいます。


色々な事情で2クールだった予定が1クール+完結編2話になったという話もありますが、確かに2クールはできるくらいのストーリーのボリュームはあったので、もったいないと思っています。


終盤に展開される謎解きや、仲間とのやりとりをもう少しゆっくり見たかったと思います。

完結編が情報過多

話数が少ないことに起因していますが、終盤、特に完結編はかなり情報が満載です。


物語の根幹に関わる謎解きが一気に行われるので、かなり情報を詰め込めすぎな印象を受けます。


完結編2話の話はアニメ1クール、あるいは劇場版等でも良いので、もう少し丁寧に描いてほしかったという風に感じました。


まあそのおかげで、様々な考察と議論が行われているので、結果オーライかもしれませんが。

敵側の心理描写が描き切れていない

敵側にも主になるキャラが数名います。


しかし、敵側の心理描写があまり細かく描けておらず、敵側のキャラに対しての感情移入があまりできません。


勧善懲悪で敵はとにかく悪いやつらで倒せばなんでも良い!みたいストーリーではないので、敵側が戦う理由や置かれている状況、そして見せ場をもう少し用意してもらえたら、もっと面白い話になったのではないかと思います。


まあ今のままでも十分面白く、限られた時間の中でその部分はあえて切り捨てていると思うので、文句は言えませんが。

バディ・コンプレックスを無料で見る方法

バディ・コンプレックスを視聴するにはどの方法が良いのでしょうか?

おすすめの視聴方法を紹介していきます。

主な視聴方法

バディ・コンプレックスを視聴する方法はいくつかあります。

  • DVDやBlu-rayを購入する
  • DVDやBlu-rayをレンタルする
  • 動画を購入する
  • 動画をレンタルする
  • 見放題サービスで視聴する

上記のような方法が考えられます。


この中では、見放題サービスで視聴するのが最も手軽で、安く見れるのでおすすめです。


さらに、条件さえ揃えば無料で視聴することもできます。


そんなバディ・コンプレックスが見放題のサービスは主に下記の3つが挙げられます。

  • 「U-NEXT」
  • 「Hulu」
  • 「バンダイチャンネル」

この中で、「Hulu」は完結編2話が未収録なので、最後まで視聴することができません。


すでに契約している場合を除き、バディ・コンプレックスを視聴するという意味では、検討対象から外しましょう。

最もおすすめのサービスは『U-NEXT』


最もおすすめの視聴方法は「U-NEXT」を利用することです。


かなりのロボットファンであれば「バンダイチャンネル」もおすすめですが、そうでない場合、見放題作品数が多い「U-NEXT」に軍配が上がります。


U-NEXTはアニメの作品数が国内1位、全ジャンルの作品数でも国内1位(2020年5月調査時点)ですので、最も多くの作品を視聴することができます。


そして、初めての契約の場合は31日間の無料期間があるので、無料で視聴することが可能です。
(もちろん解約料もかかりません)


U-NEXTは公式サイトから5分程度の時間で簡単に登録して視聴ができるので、興味ある方は試してみましょう。

\31日間無料、解約料なし/

U-NEXT
公式サイト



U-NEXTのメリットについては別記事で細かく記載していますので、そちらも参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい

kazuoblog20.com


バディ・コンプレックスをゲームで楽しむ方法

ここまでバディ・コンプレックスをアニメで楽しむ方法を紹介してきましたが、ゲームで楽しむこともできます。


ここからはその方法を紹介していきます。

バディ・コンプレックスが楽しめるゲームとは

バディ・コンプレックスを題材にしたゲームはとても少なく、下記の3種類です。

  • バディ・コンプレックス 戦場のカップリング
    スマートフォン向けゲームアプリ。2015年3月30日にサービス終了。
  • スーパーロボット大戦X
    PlayStation 4 / PlayStation Vita / Nintendo Switch / Steam向けゲーム。
  • スーパーロボット大戦X-Ω
    スマートフォン向けゲームアプリ。

これらのうち、戦場のカップリングはすでにサービスが終了しています。

一番おすすめのゲームは『スーパーロボット大戦X』

バディ・コンプレックスのストーリーを楽しみたい場合、『スーパーロボット大戦X』がおすすめです。


スパロボ初参戦作品であり、ストーリーの中心となる作品でもあるので、ファンはかなり楽しめます。


さらに、アニメ視聴者であれば絶対にうれしいIFの展開もあり、絶対にやるべきゲームだと思います。


できれば、主題歌と挿入歌が収録されている「プレミアムアニメソング&サウンドエディション」がおすすめです。


通常版はPS4版、Switch版、PSVita版が販売しています。



スパロボXについては別記事で詳しく解説していますので、興味がある方は参考にして下さい。

あわせて読みたい

kazuoblog20.com


まとめ

ここまでバディ・コンプレックスの魅力と視聴方法について紹介をしてきました。


最後にその魅力についてもう一度振り返ってみましょう。

  • 誰もが楽しめる王道の設定とストーリー構成
  • 考えさせられる深いストーリー
  • 迫力のある戦闘描写と素晴らしい音楽
  • 魅力的なキャラが多い
  • 話数が少なく短期間でも視聴できる

  • いかがでしたでしょうか。


    少しでも興味が湧きましたでしょうか?


    この作品に触れる方が少しでも増えれば私としてはうれしいです。


    ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


    ではまた~